2019/07/30

その土地その土地のデリヘルを楽しもう

その土地その土地のデリヘルを楽しもう
土地によって変わる特徴

デリヘルはその土地その土地によって特徴が異なります。これも面白さのひとつです。地域によって色々違うので、旅行や出張でその場所に泊まる場合は利用してみてください。

方言に注目

色々な土地でデリを楽しむ場合、注目して欲しいのが方言です。世界から見ると狭い日本ですが、場所によって言葉が違います。東北弁や北海道弁、大阪弁、沖縄弁、博多弁、名古屋弁、京都弁など数えればきりがありません。プレイの最中に方言が聞こえてきたら、いつもとは違った興奮を味わえるはずです。中でもおすすめは京都弁です。この方言の破壊力は他を圧倒します。「寝てはる」「怒ってはる」「はよ食べよし」「おいでやす」「何してはるんですか?」などが代表的なフレーズです。他の言葉とは違って、おっとり感やほんわり感があります。プレイ中にこんな可愛い言葉が聞いてしまったら、もうたまらないです。上級者になると京都弁で罵倒してもらっている人もいます。それはそれでMの人にとってはたまらないかもしれませんね。見知らぬ土地で呼ぶ場合はこんな風に方言に注目するとさらに楽しくなります。

料金に差異

また利用する場所によって料金が違うというのを知っていましたか?安いところもあれば、高いところもあって、稀に驚くほど低料金でめちゃくちゃ可愛い女の子が来る場合もあります。料金が違う理由は色々なことが関係しています。例えば、その地域の物価です。東京都と北海道と比べると物価が全く違って、東京都の方が高いです。物価が高いからこそもらっている給料もそれなりに高いです。北海道で東京都と同じような金額で出店してしまったら、高いと思われてしまってお客さんからの電話が少なくなるはずです。その場所によって適切な価格というのが存在するので、地域で金額が違うのだと思ってください。また、ライバル店が多いかどうかも関係してきます。需要があるところだとライバル店も多いので、どこも負けじと価格競争を行います。そうすると自然に金額が安くなります。しかし、需要があまりない場合だとライバル店が少ないので、価格競争をする必要がありません。つまり、ライバル店が多い土地ほど基本的に安く呼べるという訳です。ただ、そこにも物価が関係してくるので絶対ではないです。あくまでもその傾向があるだけです。ただ、それでもどのくらいで遊べるのか事前に確認しておくといざという時に役立つので、時間がある時にまで今後行きそうな地域の相場を調べておくのもいいかもしれません。

女性のスタイルにも違いが

肌の色やおっぱいの大きさ、ビジュアルなど女性の雰囲気も都道府県によって違ってきます。北海道や東北の子は色白のケースが多いです。逆に沖縄まで行くと色黒の子が来る可能性が高いです。これは単純にそこの気候です。北海道や東北は他よりも寒いですし、夏の期間が短いので色が白いですが、沖縄は夏の期間が長胃ので日に焼けやすいです。おっぱいの大きさやビジュアルなども都道府県で多少なりとも違うので、色々な地域で呼んでみて比べてみてください。そうするとこの県はこういったタイプが多いのかなどと分かってきます。

Next