2019/06/25

デリヘルの「顔面騎乗」とは?

デリヘルの「顔面騎乗」とは?

デリヘルには、男性の顔の上に女の人がお尻を押し付ける顔面騎乗というプレイがあります。女性器を舌や唇などで舐めるクンニというプレイがありますが、顔面騎乗でクンニすることも可能です。クンニは、男性よりも性的刺激を受けている女性の方が気持ち良くなるプレイであり、フェラチオの女性バージョンと言えるでしょう。顔面騎乗も、男性の顔の凹凸にお尻をこすり付けることで、女の人が気持ちよくなるというメリットがあります。では、お客さんにとってこのプレイのメリットとは何でしょうか?

奉仕する快感

一般的なスタイルは、仰向けに横たわっている男性の上に女性が跨るものであり、この体勢ですと呼吸器官である鼻や口が圧迫されます。女性の衣類によっては顔の皮膚も痛いですし、男性にとって何がいいのか分からない、という方も多いでしょう。しかし、このプレイが好きという男性は、その圧迫感の中で女性の快楽に奉仕するという行為自体が好きだといいます。クンニもそうですが、基本的に女性が気持ち良くなるサービスを好む方は、その人を気持ち良くすること、性的奉仕を行うことに快感を覚えます。相手に対する尊崇の念が強いと、相手によって座られていること自体が幸福であると感じます。座られているというよりは、「座っていただいている」と感じていることでしょう。その実感は強ければ強いほどよいので、圧迫が強くて苦しいという状態が、より相手に奉仕しているという実感を生み、幸福感へと繋がります。中には、鼻と口が塞がれて呼吸ができない、足によって頸動脈も圧迫されて脳への血液が遮断され、オチていく寸前という窒息騎乗を好む方もいます。もちろん、素人がやると危険なプレイですし、一般のお店ではそこまでコアで高度なプレイは行われません。

女の子によって変わる反応

デリヘルで働いている女の子の中には素人がたくさんいますので、顔にまたがれと言われても戸惑いや恥じらいを感じてしまう方が多いでしょう。仕事ですので、恥じらいつつも男性の顔の上に跨り、股間をそっと押し当てて一生懸命腰を振る、そんな初々しい姿、恥ずかしい姿をばっちり観察することができます。Sっ気の強い女性であれば、多少股間を強く押し当ててくるかもしれませんが、男性にとってはその方がよいかもしれませんね。もちろん、水着やパンツ越しに股間の匂いをくんくん嗅ぐこともできますし、女の子が正面から騎乗している場合、性的刺激を受けて感じてしまう女の子の様子を間近で見ることもできます。このようなサービスを利用しないとあまり行うことのできないプレイですので、非日常性を感じて興奮度が高まる方もいるでしょう。

下着によって異なる感触

ちなみに、顔面騎乗をする時に、女の子の着ている衣類によって息苦しさや痛みが異なります。Tバックでの顔面騎乗は、お尻の露出面積が多いですから、お尻が直に触れてその感触を確かめられる、密着感があるというメリットがあります。ただし、ストリングという後ろのヒモの部分が鼻先に当たり、素材によっては痛く感じるかもしれません。普通の下着は、コットンやサテン、シルクなど様々な素材があり、それぞれ感触も異なりますが、お尻の感触に集中するためにはなるべく肌に優しい素材がよいですから、コットン100%(あるいは綿やポリエステルとの組み合わせ)がおすすめです。ナイロンは、手触りがスベスベですが顔面騎乗するとさほど滑らかではなく、伸縮性もないため鼻にあたった時に気になるようです。パンストも同様の素材でできているため、顔面騎乗にはあまり適していません。下着とほぼ同じ形をしている水着ですが、肌触りがよく、素材も伸縮性に富んでいるポリウリタン、ポリエステルを使用しているため、このプレイには適しています。女性がスカートを穿いている場合は、スカートを脱がずその中に頭を入れてもらって下着で顔面騎乗してもらうというのもありでしょう。スカートの中に入るという日常的にあり得ないシチュエーションを楽しめます。