2021/02/22

タイプじゃない女性とのプレイをするときの注意点

タイプじゃない女性とのプレイをするときの注意点

風俗を利用していると、自分のタイプではない女性とプレイをする機会もあります。「タイプではない女性とプレイをするときに、興奮しない」という男性も多いです。

ここでは、そんなタイプではない女性とプレイをするときの注意点や興奮するための対策について解説していきたいと思います。

タイプじゃなくても対応は丁寧に

自分のタイプじゃない女性とプレイをするときに、適当に対応したり不機嫌になったりする男性もいますが、それは絶対にしてはいけないことです。デリヘル嬢も一人の人間であり、このような対応をされてしまうと、純粋に傷ついてしまいます。

また、あまりにもひどい対応をしてしまうことで、そのお店を出禁にされることもあるでしょう。その女性にした対応次第で、今後二度とそのお店を利用できなくなるので、注意が必要です。

タイプの女性でなくても、しっかりと丁寧な対応をするように心がけましょう。

その女性の良い部分や好きな部分を見つけてみる

風俗でタイプではない女性とプレイをするときに、「なかなかテンションが上がらない」と感じる人も多いです。タイプの女性とのプレイなら興奮の度合いは高まりますが、タイプでない場合は、なかなか興奮できないのが男という生き物でもあります。

タイプではない女性とプレイをすることになって、なかなか興奮できないときは、その女性の良いところを探すようにしましょう。胸だったり、お尻だったり、フェラチオや手コキのテクニックだったりと、その子の良い部分を探すのです。

タイプではない女性とプレイをするときは、その女性の悪いところばかりを見てしまいがちです。しかし、このように良いところをあえて探してみることで、その女性に対して少しばかり好感を持つことができます。

タイプではない女性とプレイすることになったときに、「あー最悪だ」とか、「せっかく高いお金払ったのにこの女の子か…」とマイナスなことを考えるのではなく、良い部分を探してみて下さい。

どうしてもダメならチェンジをするのもあり

それでも、「どうしてもこの子はダメだ…」と感じた場合は、チェンジをしてみるのもありです。風俗では、チェンジをすることでプレイをする女性を変えられるシステムがあるところがほとんどです。

しかし、チェンジをしてしまうと、それはそれで相手を傷つけてしまうことになるので、どうしてもダメだと思ったときだけチェンジを利用するようにしましょう。

Next