2021/04/30

チップで気持ちを伝えよう

チップで気持ちを伝えよう

風俗では利用料金以外に、女性に対して直接お金を渡す『チップ』というものもあります。 このチップは、絶対に渡さなければならないものではなく、渡す渡さないはお客さんが自由に決められるものです。

海外に比べ日本ではチップ文化はあまり浸透しておらず、風俗を利用するお客さんも女性に対してチップを渡さない人がほとんどです。 だからこそ、チップを渡すことで風俗嬢からの評価は上がってくるでしょう。

この記事では、そんな風俗でのチップについて解説していきたいと思います。

チップの額はどれくらい?

風俗でのチップはどれくらいの額を渡せば良いのでしょうか?
あまり少なすぎると、嬢からケチだと思われてしまいますし、高額のチップを渡そうとしても、一般庶民にはなかなか厳しいものです。

チップの額については、五千円か一万円がベストだといえます。
それ以下になってしまうと、嬢に少ないと感じられますし、それ以上だとこちらの負担が大きくなりすぎてしまいます。
多く渡しても問題ないくらいの財力があるなら、多くても構いませんが、無理ならこのくらいの金額がベストです。

また、チップを渡すときは、複数のお札を渡すのではなく、五千円札一枚だったり、一万円札一枚だったりと、一枚のお札で完結できる額を選択するのが良いでしょう。
五千円のチップを渡そうとするときに、千円札を五枚というのではなく、五千円札一枚で渡すようにして下さい。

お店のランクによってチップの額を変える

そのお店のランクによって渡すチップの額を増やしたり減らしたりするのもおすすめです。 高級店だったらチップの額も増やし、激安店ならチップの額を減らしたりと、そのお店によってチップの額に変化をつけるようにするのです。

高級店で働いている女性は、それだけ金銭感覚がお金持ち寄りになっていることが多いです。
そんな人に少ない金額のチップを渡しても、喜んでもらえません。
逆に、安いお店で働いている女性に高額のチップを渡すというのは、その人に見合っていない評価をしてしまうことになります。

チップを渡すときは、利用している風俗店のランクなどに見合った額のチップを渡すようにしましょう。

チップは気持ち

チップは必ず支払う必要があるものではありません。だからこそ、嬢からするともらえると相当嬉しいものであり、そのお客さんを大事にしようと思えるものです。

チップを支払うとそれだけ経済的に負担がかかってしまいます。そういう人は、常にチップを支払う必要はないですが、いつもより念入りにサービスをしてくれた時や、丁寧な対応をしてくれた嬢に対しては、こちらからの気持ちとしてチップを渡すようにして下さい。