2020/01/20

風俗のS女・M女ってどんな子?

風俗のS女・M女ってどんな子?

アブノーマルな趣味がない人でも、女性から責めてもらいたい時や女性に言葉責めや軽い縛りプレイをしてみたい時ってありませんか?実は全男性が欲求や性癖を満たせる相手が、S女・M女なんです。風俗のS女やM女は一体どんな女性でどんなことができるのでしょうか?

風俗のS女とM女とは

世の風俗嬢の大半は一般的な女性です。男性をからかったりいじめたりするのが好きなS寄りの子や男性からはずかしめを受けることに興奮するM寄りの子もいますが、わざわざSMプレイができる風俗で働くまではいかない子ばかりです。

その中でS女とM女と呼ばれる風俗嬢は、SM風俗で働いている女性のことを指します。どちらか片方だけがいる風俗店は少なく、S女とM女どちらも在籍している店が多く、男性は自分が責めたいか責められたいかでS女かM女どちらかを選んで遊ぶ感じです。

女性はセックスシーンでは受け身であることが多いので、人数的にはS女よりM女のほうが多いです。そして数少ないS女の中でもセンスやテクニックがある嬢は少なく、風俗界でも女王様は貴重な存在となっています。

ソフトSMからハードSMまで対応している

SMプレイというとハードなものをイメージするかもしれませんが、SM風俗のS女・M女は「ハードなものでも対応できるよ」というだけなので、当然ソフトなSMプレイや普通に近いプレイもすることができます。1から10くらいまで対応できて、1を選んだり5を選んだり8を選んだりできる感じですね。極ハードな10までは対応できる風俗嬢は少し減りますが。なので少し責め気味にしてもらいたいな、少し強引に責めたいな、といった客側の要望にも応えてもらえるわけです。

ソフトSMと風俗嬢

一般の男女間でも行われているようなソフトなSMプレイが風俗でも可能です。目隠しプレイ、手錠、軽いイラマチオ、聖水プレイなどですね。あまり本格的なSMプレイが上手じゃない子でもできるので、ルックスが可愛い子や優しそうな性格の子など風俗嬢選びの幅が広がります。

ハードSMと風俗嬢

ハードSMは本格的なSMプレイのことです。緊縛プレイ、鞭、金蹴り、黄金・排泄プレイなど、プレイにもよりますが痛みや汚さによって快感を得るプレイが多いです。本当にSMプレイが好きな子でないと働けない世界なので、多少なりとも変わった女の子が多いのが特徴です。

SM嬢はエッチ好きな変態が多い

全員が全員そうではありませんが、S女やM女は自分がハード系やアブノーマル系のプレイが好きでなければ仕事ができません。それくらい大変で特殊な世界だからです。S女も本当に男性を責めることに喜びを感じる子が多いし、M女もめちゃくちゃにされることに快感を覚える子が多いです。

だからといって何でも好きなようにしていいというわけではないのでそこは注意ですけどね。

だからもしかすると、普通に近いプレイをしたい男性でも、SM店を選んだ方が本当のエッチ好きな子と遊べる可能性大です。何だか風俗嬢の反応は演技っぽくて苦手だな、風俗ってもっとスゴイものだと思ってたけどガッカリ、という経験がある人は意味もなくSM風俗嬢に会いに行っても良いかも知れませんね。